三重県塩川病院 医療法人誠仁会

 
サイトマップ
情報保護方針
塩川病院(三重県)の理念診療科目のご案内塩川病院(三重県)概要お問合せアクセスマップリンク集看護師採用情報
   
乳がん検査  
   
乳がん検査も当院なら安心  
   

女性なら誰もが心配な乳がん。厚生労働省は、40歳以上の女性の乳がん検診は、従来の視触診だけではなく、『マンモグラフィー(乳房レントゲン撮影)』を行うべきであるという指針を出しています。さらに、50歳以上の女性に対しては、2年に1回マンモグラフィと視触診の併用検診を推奨しています。

当院では、視触診とマンモグラフィを用いた乳がん検査を行っております。

 
   
     
マンモグラフィ検査  

マンモグラフィ検査とは
乳房のX線撮影のことを、マンモグラフィといいます。乳房は他の場所と異なり、柔らかい組織でできているため、専用のレントゲン装置を使って撮影します。
レントゲン撮影は、圧迫板という板で乳房を強めに押さえ、なるべく平らな状態にして行います。検査にかかる時間は、更衣から撮影終了まで含めて15分から20分程度です。

マンモグラフィ検査でわかること
視触診では判らないような早期の小さな乳がんや、しこりを作らない乳がんを見つけることができます。悪性の病気だけでなく、良性のものも見つかります。

マンモグラフィは触知不能な乳がんを検出するための最も感度の高い方法です。
基本的には、無症状な女性を対象に異常所見を発見することを目的とした検診と、何らかの症状のある、または触診で異常の認められた女性を対象に精密な検査を行う精検としてマンモグラフィ検査が行われます。

マンモグラフィ検査の注意点
乳房を圧迫するため、人によっては痛みを感じる場合もあります。そのため、乳房がはっている時期は避けたほうがいいでしょう。生理から1週間くらい後、乳房のはりや痛みがなくなり柔らかい状態の時がおすすめです。

マンモグラフィ撮影にあたって、食事の制限や前もって服用するお薬などはありません。
撮影の範囲は乳房からわきの下を含めた部分ですので、撮影の際は、制汗剤やパウダーなどをよくふき取ってください。また、長い髪は事前に束ねておいてください。より安全な撮影に役立ちます。

 
   
視触診  
マンモグラフィは正確な検査ですが、乳腺組織の発達した閉経前の女性の場合には、小さな影が見にくくなる場合があります。これを補うために、医師による視触診を併用します。  
   
 
塩川病院 お問い合わせ窓口

0569-11-2222

診療時間

午前:9:00 - 12:00
午後:15:00 - 18:30
※科目により異なりますので、
詳しくは診療カレンダーを
ご確認下さい。

各科ごとの診療時間

アクセスマップ

 
診療科目のご案内
  内科
  神経内科
  消化器内科
  外科
  整形外科
  脳神経外科
  皮膚科
  放射線科
  麻酔科
  リハビリテーション科
  回復期リハビリ病棟
 
専門外来のご案内
  糖尿病外来
  乳腺外来
 
人間ドック・健康診断
  人間ドック
  健康診断
  特定保健指導
  脳ドック
  乳がん検査
 
先進医療施設のご案内
  三重ガンマナイフセンター
  三重先端医療PETセンター
 
リハビリ関連施設
  通所リハビリテーションセンター「絆」
  介護保険リハビリテーション施設
(訪問・通所・入所)
 
イベントのご案内
  イベントのご案内
 
会員制度のご案内
  塩川メディカル倶楽部
 
関連施設のご案内
  介護福祉施設一覧

医療法人誠仁会 塩川病院
〒513-0844 三重県鈴鹿市平田一丁目3番7号 >地図はこちら
TEL:059-378-1417/ FAX:059-370-4656

Copyright(c)Shiokawa Hospital All Rights Reserved.