三重県塩川病院 医療法人誠仁会

 
サイトマップ
情報保護方針
塩川病院(三重県)の理念診療科目のご案内塩川病院(三重県)概要お問合せアクセスマップリンク集看護師採用情報
   
総合リハビリテーション科  
このような患者さまへ コラム お知らせ
 
   
 
リハビリテーションの様子を動画配信中です。
(※この動画はInternet Explorerでの閲覧が可能です。)
 
   
このような患者さまへ  
 
機能回復の全体像を見据えたリハビリテーション計画で、身体機能の大きな改善を目指します

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

 
   
医療保険適用のリハビリテーションは最長で180日が制限日数です。
現在の医療制度では、医療保険適用内のリハビリは脳血管の病気で発症または手術から180日、手足の骨折などで150日、呼吸器の病気で90日、心臓や血管の病気で150日までに制限されています。その代わりに発症から約半年間は、一日最大3時間までのリハビリを受けることが出来ます。このように日数制限のある医療保険下リハビリは、発症直後の早期の段階での機能回復には大きな効果をもたらします。
しかし、リハビリテーションは上図にあるように、患者さまの回復・維持の全体像を見据えて行うことが最も効果的であるため、医療保険下リハビリだけでは本当の意味でのリハビリは実現できません。

維持期の継続的リハビリの役目を担うのは「介護保険下のリハビリ」施設です。
維持期に入ってからの、さらなる機能回復を目指して継続的に行うリハビリは、前述の医療保険下リハビリと異なり、介護保険下のリハビリと分類されます。
現在、この介護保険下のリハビリを担う機能を備えたリハビリ施設は、著しく不足しているのが現状です。

当院は患者さまの全体像を見据えた総合リハビリテーションを実現します。
当院では、関連施設として介護老人福祉施設を併設し、リハビリテーションの専門職を配置しスタッフ、施設の質を高めることで、リハビリテーションの質と効果の向上を常に目指しています。
患者さまの状態を総合的に判断し、各専門家がチームになって一丸で行うリハビリテーションが当院のリハビリテーションです。リハビリテーションチームのリーダーを担うリハビリテーション専門医をはじめ、多くの専門家が、それぞれの専門性を生かして患者さまを援助し、ともに回復を目指します。


 
 
 
  リハビリテーションとは何でしょうか?
   
   

 リハビリテーションとは何でしょうか?
 リハビリテーションの目標
 当院におけるリハビリテーションの流れ
 担当医個人ではなくチームで行うリハビリテーション
 3つの療法ー『理学療法』『作業療法』『言語療法』
 リハビリテーションの主な対象疾患
 リハビリテーションの対象となる、「障害」とは何でしょうか?

   
 
 
診療カレンダー・お知らせ
 
 
お知らせ
 
   
リハビリテーションとは何でしょうか  
一般的に「リハビリテーション」というと、歩行練習や指をよく動くようにする訓練、麻痺の改善などの機能訓練のことを思い浮かべることが多いのではないでしょうか?
しかし、これらは狭い意味でのリハビリです。本来のリハビリとは、『人間らしく生きる権利の回復』、ひいては『自分らしく生きる』ためのものなのです。
 
   
リハビリテーションの目的  

リハビリテーションの目標は、病気や事故によって低下した身体の機能を、訓練によって回復することによって、患者さまの生活を過ごしやすく、いきいきとしたものにすることです。例えば、1人でトイレに行きたい、こぼさずにごはんを食べたいなど、日常の中の「困った」「こうだったらいいのに」と感じることについて、ご相談・ご指導をさせていただきます。

 
 
   
当院におけるリハビリテーションの流れ  

発症・受傷

入院・外来診察

指示(医師)

理学療法・作業療法・言語療法

理学療法、作業療法、言語療法それぞれにおいて、担当者を決定し、リハビリテーションを開始していきます。
医師、看護師、ソーシャルワーカーと共に、リハビリテーションチームアプローチをおこなっていきます。

 
   
担当医個人ではなく、「チーム」で行うリハビリテーション  
   


リハビリテーションに大切なのはチームワークです。

当院では、担当医個人、担当療法士個人ではなく、患者さまのためのひとつの”リハビリテーションチーム”として、チーム全体で目標を定め、それぞれの専門性を生かして患者さまを援助していきます。

この「チームで集中的に行うリハビリテーション」は、5つの学会が合同して作る「脳卒中治療ガイドライン」においても、その有効性が高く認められています。

「脳卒中ガイドライン」においては、脳卒中の様々な治療法に関して、「グレードA:強く勧める」から「グレードD:やってはいけない」までの4段階に、各種治療法を分類し、その根拠を明示しています。
その中で、この「チームで集中的に行うリハビリテーション」は、「ランクA:強く勧める」に分類されています。

このように、チームで集中的に行うリハビリテーションには、脳卒中をはじめとして機能の改善に高い効果が期待できます。

 
   
3つの療法 理学療法 作業療法 言語療法  
 

理学療法とは?
起き上がり、歩行などの基本的動作能力の回復を目的として、種々の運動療法、歩行訓練、日常生活活動訓練、物理療法等の治療、援助をおこなうことを理学療法と呼びます。検査、測定/評価に基づき、何らかの疾病や傷害などに起因する機能・形態障害に対し、「運動療法」によって筋力、関節可動域、協調性といった身体機能の改善を図り、また温熱、水、光線、電気などの「物理療法」により疼痛、循環などの改善を図ります。

作業療法とは?
病気や事故のため身体に障害を負った方々に対し、農耕・手芸などの作業や、レクリエーション・生活動作訓練などの目的をもった活動を通して病気の回復を図る療法が作業療法です。また、障害がある場合も残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰をめざした訓練を行います。
日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。
脳卒中、神経変性疾患、リウマチ、脊髄損傷、末梢神経損傷、手足の切断、骨折・外傷、心臓疾患、加齢による身体機能低下などの患者さまに向けて、その機能の改善を図ります。

言語療法とは?
言語とは、人と人との関係の中で一番大切な“コミュニケーション”に関わるものです。突然の病気や事故により言語に障害を持たれた方や、そのご家族の深刻さは大変なものと思われます。
脳卒中や脳外傷・パーキンソン病・脊髄小脳変性症などでは、以前のように言葉を理解したり話したりすることのできなくなる「失語症」や、うまくろれつがまわらなくなって上手に話せなくなる「構音障害」、水分や食事をするとむせるなどの「嚥下障害」など、さまざまな後遺症が存在します。こういった症状に対してより上手に言葉を理解したり話したりできるようになることをお手伝いする療法を言語療法と呼びます。

 
   
リハビリテーションの主な対象疾患  

リハビリテーションの対象になる疾患には以下のようなものがあります。

整形外科の範囲に関するもの・・・骨折、変形性関節症、頚椎症など
脳神経外科の範囲に関するもの・・・脳梗塞、脳出血。硬膜下出血、クモ膜下出血、脳腫瘍など
内科の範囲に関するもの・・・呼吸器疾患、循環器疾患など

 
   
リハビリテーションの対象となる、「障害」とは何でしょうか  

「障害」とは、心身機能・構造の障害、活動制限、参加制約の全てを含む用語です。(世界保健機関・2001年)

更に、その障害自体と、環境因子や個人因子との相互作用を考え、当院ではその人に合わせた患者さまに最もふさわしいリハビリテーションを立案し、実行します。
 
   
 
   
 
塩川病院 お問い合わせ窓口

0569-11-2222

診療時間

午前:9:00 - 12:00
午後:15:00 - 18:30
※科目により異なりますので、
詳しくは診療カレンダーを
ご確認下さい。

各科ごとの診療時間

アクセスマップ

 
診療科目のご案内
  内科
  神経内科
  消化器内科
  外科
  整形外科
  脳神経外科
  皮膚科
  放射線科
  麻酔科
  リハビリテーション科
  回復期リハビリ病棟
 
専門外来のご案内
  糖尿病外来
  乳腺外来
 
人間ドック・健康診断
  人間ドック
  健康診断
  特定保健指導
  脳ドック
  乳がん検査
 
先進医療施設のご案内
  三重ガンマナイフセンター
  三重先端医療PETセンター
 
リハビリ関連施設
  通所リハビリテーションセンター「絆」
  介護保険リハビリテーション施設
(訪問・通所・入所)
 
イベントのご案内
  イベントのご案内
 
会員制度のご案内
  塩川メディカル倶楽部
 
関連施設のご案内
  介護福祉施設一覧

医療法人誠仁会 塩川病院
〒513-0844 三重県鈴鹿市平田一丁目3番7号 >地図はこちら
TEL:059-378-1417/ FAX:059-370-4656

Copyright(c)Shiokawa Hospital All Rights Reserved.